野三坡_百里峡-野三坡政务网
野三坡概略

1地理位置:河北省淶水県西北部;東経115°15´~115°30´,北緯39°34´~39°52´,北太行山と燕山山脈の交わり処。 2名前由来:地勢は西と北部は高く、東と南向きの地勢は条条に低く,上、中、下三段階をはっきりと分かれ、今でも、原始景色を保ってる,それは“野三坡(ヤサンハ)”名前の由来です。 3気候特徴:暖帯季風気候,平原と比べ常に1°~3°が低く,年間平均降雨量は50cm~150cmも多い,特に夏時期は涼しいです。 “野三坡(ヤサンハ)”は奇麗な自然景色の他、古い歴史址もあり、昔から世外の桃園とも言われています。

野三坡資格

1河北省淶水県西北部;東経115°15´~115°30´,北緯39°34´~39°52´,北太行山と燕山山脈の交わり処。

2名前由来:地勢は西と北部は高く、東と南向きの地勢は条条に低く,上、中、下三段階をはっきりと分かれ、今でも、原始景色を保ってる,それは“野三坡(ヤサンハ)”名前の由来です。

3気候特徴:暖帯季風気候,平原と比べ常に1°~3°が低く,年間平均降雨量は50cm~150cmも多い,特に夏時期は涼しいです。 “野三坡(ヤサンハ)”は奇麗な自然景色の他、古い歴史址もあり、昔から世外の桃園とも言われています。

地質公園

The Ye-San-Po National Geographical Park comprises three chief landscape areas:
Bai-Li-Xia, a long, narrow streak of warter-washed valley, is precipitous, miraculous, and deeply serene.
Long-Men-Tian-Guan Valley, within a granite fault zone, is magnificent and awesome-looking.
Yu-Gu-Dong, a karst-topographical caven, is greatly mystical and truly abysmal.
The Ye-San-Po National Geographical Park, in a very special geographical location of great imprtance, has a extensive variety of rich and typical geographical relics. Among these are: surface conformations, strata, rocks, terrain features, geological disasters, caves, river vallies, waterfalls, and springs, etc, which are interrelated closely.

野三坡特徵
......
観光スポット

主要景色区紹介;

百里峽(ヒャクリキョウ):

百里峡では十懸峡(ジュウケンキョウ)、海棠峡(カイトウキョウ)、蠍子溝(サソリゾウ)三つの山谷があり、全長は105km,ですから “百里の峡”とも呼ばれます。

百里峽は“天下第一峡”の名乗りがあり、ここは山と山が連続して、峡谷は深くて時は広く時は狭く、まさか唐詩のように “山重水复疑无路,柳暗花明又一村”(目前の山が重ね道がないと思ったら柳と花の影で村が現した)。山水でできた川と滝は山の中で隠れて、水の流れ音は美しい音楽のように、谷の中各種の花が咲いて、とても美しいです。

海棠峡(カイトウキョウ):

これは全長35kmの谷です。ここは、山と崖が高く、そして“虎口”(トラクチ)、“一線天”(イッセンテン)、“観音振り”、“上天橋”(ジョウテンハシ)、“下天橋”(カテンハシ)などの観光スッポトもあります。毎年の夏では、野生の海棠が全谷中咲いて、良い香りは漂っています。

十懸峡(ジュウケンキョウ):

全長は45km、谷の中十数個違い形の崖があり、それはこの谷の名前由来です。

蠍子溝(サソリゾウ):

全長は25kmもあり、谷の中野生の“サソリ草”が生えているため、蠍子溝(サソリゾウ)の名前が得られました。“竜潭月移り”(リュウダンツキウツリ)、“磨耳崖”(ミミコスリガケ)、“鉄鎖崖”(テツクサリガケ)の主な三つスポットあります。

拒馬河(キョバガ)――民族園景色区:

拒馬河(キョバガ)は野三坡(ヤサンハ)景色区中35kmの距離も渓流していいます.ここは天気が涼しく、周辺環境は静か、理想な避夏地です。ここは綺麗の山と涼しい川だけではなく、奇妙の民間伝説もあります.伝説を混ざりまるで綺麗なギャラリーのように数多くの観光客が惹かれました。民族園景色区は丁度この場にあります。ここでは八つの少数民族が古くからの民族建物”吊脚楼“(竹を使い、土台の高い民族建物です)に住んでいる、遠くからやって来るお客様に歌と踊りで歓迎しています。

竜門峡(リュウモンキョウ)景色区:

竜門峡(リュウモンキョウ)景色区は野三坡(ヤサンハ)景色区の西北部にあり、大竜門砦(ダイリュウモン)、崖石刻み、天上溝三つのスポットがあります。この峡は古くから交通の結び場所として、戦の重鎮です、その故大量の歴史痕跡も残しています.

1 大竜門砦(ダイリュウモン):大竜門砦は明長城の内側の重要スポット“疆域の咽喉”の程と呼ばれる重要な名所です.遠くからここは門の形をしていて、この”門“は都行きの道路に繋がっています.砦の西南部は山,東南、東北、西北では拒馬河(キョバガ)の支流”小西河“(ショウサイガ)が廻っています。

2 崖石刻み:この石刻みの崖は大竜門砦(ダイリュウモン)から西北1kmほど離れている場所にあります.周辺は山峰が囲まれ、山水は一気に流れている、壮大の景色になっています。金、明、清の時代から軍事的な重要地として、軍が駐在していました.その石刻みはその時駐在していた士官たち残したものです、華北地域において、一番規模大きいの崖石刻み群でもあり、そのため、ここは文化の廊とも呼ばれています。

3天上溝(テンジョウゾウ):ここは最近新しい開発した観光スポットで、全長は8km,峡谷と滝水はその地の特徴です。

白草畔(ハクソウバン)景色区:

この景色区は野三坡(ヤサンハ)の東北部にあり、主峰の「石城嶮」(セイショウリョウ)は水平高は1983mmです。ここは地理、地勢が複雑かつ多様で、山は凛として、泉が涼しく,更に植物が茂っているし野生動物は沢山が暮らしています。ここの生態環境今でもよく保護されている、十万平方畝森は緑を綴り続けている、まるで太行山脈の緑真珠です。春、夏、秋の時期では花が咲き満ちる、野バラ、紫クローブ、ホトトギスなど山中に咲く、その香りは漂っています。

山添えで、直径10MM、高さ4MMで「風動石」(フウトウ石)がある、形は地面に置く饅頭にも似る、現地では饅頭石とも呼ばれている.この石は地面に接触面は二点だけ、石を登って山に見下ろしているなら、山はより凛として、緑の海がより良く感じるでしょう。風が吹くと、巨石が緩むように感じ、崖底に吸い込まれるような感じる、それも「風動石」の名由来です。

石城嶮(セイショウリョウ):

この嶮は白草畔(ハクソウバン)の頂峰です、朝の時、峰に立ち、「雲海」はどこまで続くのが判らない程広い景色です。ここの日出景色は北地域では一番綺麗だと言われ、紅い日と雲の海はお互い映りあい、とても綺麗です.

魚古洞景色区:

魚古洞(ギョコウドウ)景色区は野三坡(ヤサンハ)景色区の中部のあり、魚古洞と魚古泉はこの景色区の重要スポットです。魚古洞は全長1500km,平均広さは10mほど、天井高さは05~20mほどあります。実は、魚古“泉”は源から魚を噴出しているから世界奇聞ともいわれます。

この泉は世界八つう怪泉のひとつです.毎年旧暦の「谷雨」時期では、泉の源から魚が噴出し,一匹の魚は150g~400g程がある、一つの節は合計1000kgの魚が噴出されます。その魚は黒い背中と白い腹、骨が硬く、味が美味しいです。30年前から、現地の村人は魚拾いに出かけるだが、最近は環境変化のため、魚の数がだいぶ減らしています。

金華山(キンカサン)景色区:野三坡(ノウサンハ)の北側のあり、原始山森と歴史文化遺跡合わせている景色区です、現在開発建設中です。

推薦宿泊所

・ 山水一方リゾット村

外観

・ 普通部屋

・ スッイト部屋

・ 食堂

・ プール

・ 卓球館

・ ロビー

問い合わせ

クレーム電話:0312-4568106

救援 :0312-4568103

公安 :0312-4568997

位置
.....